前々からにおわせておくのが吉!結婚記念のサプライズ

サプライズは苦手な女性もいます

円満な夫婦も、最近ちょっとぎくしゃくしている夫婦も、結婚記念日をお祝いすることで気持ちを前向きに正すチャンスになります。夫婦と言えどもお互いの気持ちを完全に把握するのは難しいので、長く一緒にいるとすれ違いが起こりますが、これを解消できるのが年に一度の結婚記念日なのです。テレビのバラエティなどでも芸能人夫婦のサプライズが話題になったりしますよね。かといって、サプライズが苦手な女性というのは意外に多いです。

前日まで完全に秘密にするのはNG

夫の立場としては、前日まで完全に秘密にして当日驚かせようと考えてしまいますが、それだとあらぬ誤解を招き逆にけんかになることもあります。そのけんかが尾を引いて亀裂がという夫婦もあります。秘密にしようとするあまり夫の態度がいつもと違って冷たく見えたり、隠し事をしているように見えて不信感を抱かれたりすると意味がありません。普段から信頼関係が崩れかけているような夫婦ならなおさらです。サプライズ自体が水の泡になることもあります。

上手なにおわせ方とは

そこで、結婚記念日にサプライズで贈り物を用意しているなら、「君のために用意したものがあるんだ」などとちょっとずつにおわせるのがポイントです。かといって何を買ったかを言ってしまうと驚きがなくなりますし、いざ当日妻の希望と違っていても失望が大きいです。なので、「たぶんあれだろうな」とだいたいの察しがつくくらいのヒントを与えておくのが上手なにおわせ方です。金銭的な不安をなくすためにも、「こないだのボーナスが少し多かった分を貯めておいたから」などとお金の出所もにおわせると安心して受け取ってもらえます。

結婚記念日は忘れないようにしたいために、お互いが覚えやすい日にするというのも素敵なことではないでしょうか。