高級時計メーカー、パテック・フィリップの魅力

腕に巻くだけで一目置かれる

腕時計に興味のある方はパテック・フィリップをご存知でしょう。興味のない方もパテック・フィリップという名を一度は聞いた事があるのではないでしょうか?1839年創業のスイスの時計メーカーで、世界三大高級時計メーカーの一つとして知られています。ちなみに後の二つはヴァシュロン・コンスタンチンとオーデマ・ピゲです。物凄く知名度の高いロレックスやオメガは三大メーカーには入っていません。なんだか意外ですね。三大高級時計メーカーの中でもパテック・フィリップが頭一つ出ていて世界最高峰だとする人もいます。パテック・フィリップを腕に巻くだけで腕からなんともいえない高貴なオーラが放たれ、見る人達に「この人、タダ者ではない。」という印象をあたえる事でしょう。

永久修理で時計を子孫に残そう

パテック・フィリップは、自社の時計ならどんなに古い時計でも修理する「永久修理」というサービスを行っている事で有名です。すごいですね。今年時計を買って100年後に壊れても修理してくれるのです。パテック・フィリップの時計を買えば子孫に代々、時計を受け継がせることができるのです。パテック・フィリップを腕に巻いた玄孫(やしゃご)にご先祖様はセンスがよかったと言わしめる事ができるのです。想像するだけで楽しくありませんか?

もちろん、値段は高いです

やはり、世界三大時計メーカーの一つといわれるだけあって、値段は高いです。現行のもので、最低100万円台から買えますが、高いものになると数千万円します。アンティークの時計も豊富です。アンティークは誰かと腕時計がかぶる確率が低いというのがいいですね。アンティークも高いものになると値段がすごいです。2002年にプラチナケースのルイ・コルティエ方式のワールドタイムという時計がアンティルコムのオークションに出品され、4億8千万という落札額を記録した事も記憶に新しいです。さすがパテック・フィリップ。いかがでしたでしょうか?値段は高いですけど、充分にそれに見合った魅力のある時計ですね。

パテックフィリップとは、世界3大高級時計ブランドの一つでスイスのメーカーとされています。本社はスイスにあります。